シェアハウスのトラブル

「シェアハウス」「フラットハウス」「フラットシェア」「ゲストハウス」という言葉を不動産サイトなどで目にすることがありますが、これらはほとんど同じで、家族以外の誰かと一緒に賃貸住宅に住むということです。
海外などでは昔から一般的でしたが、現在では東京や神奈川県、大阪など都心部では一般的になっています。
しかし実際にシェアハウスに住んでからトラブルに巻き込まれてしまったり、問題を抱え込んでしまったという方もいます。
よくあるのが騒音などの問題でしょう。
当たりまえのことですが、人によって朝型であったり夜型であったりするもので、夜に騒音や振動があると寝られないという方からするとシェアハウスは難しいと言わざるを得ません。
さらにこれもよくある問題ですが、トイレ・お風呂・キッチンの共同使用が耐えられないというケースです。
潔癖な性格が問題になっているようなものもありますし、自分の好きなように物を置きたいとか、ほかの人が勝手に位置を変えるのが許せないという方にはシェアハウスは難しいでしょう。
またこれは慣れもあるのですが、知らない人とでも話ができる社交的な性格でないと、シェアハウスで楽しく暮らすというのは難しくなってしまいます。
シェアハウスをするにあたってはさまざまなルールや決め事などを住民同士で話し合うことが必要になることがあり、このような際にコミュニケーション能力が求められてくるわけです。
またこの点に関係しますが、外国人などに対する理解なども重要になってきます。
物価の高い日本で賢く暮らすためにシェアハウスを選択する外国人も多く、シェアハウスのなかには外国人で溢れている物件もあります。
なかには言語上達のためにあえてシェアハウスに住んで、外国人と積極的に話すようにしているという日本人の方もいるようです。
またシェアハウスで覚悟しなければいけないのが、その物件の質です。
周辺の物件と比べて競争力のないものをシェアハウスとして提供している大家さんが多いので、シェアハウスのなかには汚れていたり、古い外装や内装になっているアパートも少なくありません。
それで、そのような環境でも順応していけるかどうかもシェアハウスでうまくやっていくことができるかに関係してくるといえるでしょう。
ちなみに若い方に多いようですが、恋人を探すためにシェアハウスを利用するというのは辞めたほうが良いといわれています。
理由はいくつかありますが、シェア初心者は同性のみにしたほうが無難だといえるでしょう。

Copyright (C)2021学生の賃貸選びガイド〜家賃・間取り・立地〜.All rights reserved.