学生会館とは

学生専用の賃貸物件であるのが、学生会館や学生マンションと呼ばれる専用の賃貸物件です。
一般的な賃貸物件とはさまざまな点で違いがありますので、学生であれば参考にしてみると良いでしょう。
例えば初期費用に関して違いがあります。
一般的な賃貸物件の場合、礼金や敷金、仲介手数料、前家賃などが必要になってしまいます。
なかには礼金ゼロというような物件も増えてきているものの、東京などでは礼金などがある物件は少なくありません。
これらは物件によっても違いがありますが、一般的な賃貸物件では6ヶ月分の家賃分のお金が必要になってきてしまうものもあるので、学生からするとかなりの負担になってしまうことでしょう。
このような一般的な賃貸物件にくらべて負担が少なくなっているのが上記に挙げた学生会館や学生マンションになります。
入居するさいには保証金、入館料、年間の管理費だけになりますので初期費用はかなり抑えることができるでしょう。
またランニングコストに関しても違いがあり、学生会館では公共料金などが家賃に組み込まれているので実質無料という場合もありますし、朝食や夕食分の費用も家賃にふくまれていますので無駄な費用というものが発生しません。
これにたいして一般的な賃貸物件では家賃に加えてガス代、電気代、水道料金などが毎月必要になってきてしまいますし、食費なども外食などにしてしまうとかなりの費用が必要になることでしょう。
そして室内の設備にかんしても学生会館であれば机や椅子などの必要なものが備わっていますので、家具を買ったりすることも必要ありません。
一般的な賃貸物件ではこれらを一から買い揃えなければいけませんので、総合的に見てみるとかなりの差額になることでしょう。
しかし学生会館はメリットだけではなく、門限などがありますので基本的にその時間内に帰ってくるか、事前に管理人などに連絡しておく必要があります。
このような学生会館ですが、とくに女学生から注目されており人気になっているようです。
人気の秘訣はそのセキュリティ面だといわれていますが、学生会館は一般的な賃貸物件と違って隣に住んでいる人がわかっていますし、常駐の管理人がいるので万が一の際にも安心だと評価されています。
また届け物が来た時に不在でも管理人などのスタッフが変わりに受け取ってくれるので、インターネットでの買い物が多いという方にも人気になっています。
学生であればこのような学生会館の利用を考えてみると良いかもしれません。

Copyright (C)2021学生の賃貸選びガイド〜家賃・間取り・立地〜.All rights reserved.