外断熱とは

冬暖かく、夏涼しい賃貸を探している場合に注目できるのが、外断熱に特化している賃貸物件です。
内断熱というのは聞いたことがあっても外断熱というのは聞いたことがないという方も多いかもしれません。
内断熱というのは部屋の内側を断熱材で覆うというもので、実際に多くの住宅でその方法が採用されています。
この外断熱というのは、建物の外側を断熱材で覆ってしまうという造りのものです。
この2つの方法ですが、内断熱という方法でも十分の断熱効果を感じることができるようになっています。
さらに断熱材の量が少なくて済むためコストも抑えることができるというのがメリットで、実際にかなりの物件でこの内断熱が採用されています。
しかし内断熱のデメリットとして言えるのが、躯体の外側との温度差による結露で、それによるカビやダニなども問題です。
これらのデメリットを解消してくれるのが上記に挙げた外断熱という方法です。
この外断熱の場合には断熱材の量がかなり増えてしまうのでコストが高くなってしまうものの、外気温の影響を受けにくいので建物そのものが劣化しにくいというメリットがあります。
ほかのメリットとしては、冷暖房の効果がスイッチを切った後でも続きやすかったり、暖房の効果が続きやすいという点があります。
これらの外断熱は一部の分譲マンションや一軒建てなどで採用されてきましたが、最近では賃貸物件などでも採用されており、東京や千葉などの一部の物件で探すことができます。
さらに断熱性で注目されているのがエコガラスと呼ばれる日射熱を遮る性能と断熱性が高いガラスです。
窓の外側で熱線をカットしてくれますので、冬は断熱性を守り、夏は冷房負担を軽減してくれるというメリットがあります。
賃貸物件を探すさいに断熱材などはあまり気にならないかもしれませんが、実際に住むとなると断熱材などは重要になってきますし、電気代などの値上げが問題になっている今、エネルギーコストの問題は深刻になってきています。
実際に最近ではエコなどをテーマにしている賃貸物件や分譲マンションなども増えてきており、火を使わないIHクッキングヒーターや、空気熱を利用してお湯を作りだす「ほっとパワーエコAir」や、節水を実現したエコノミーなトイレなどが採用されている物件も増えてきています。
賃貸物件を探すさいには部屋の造りだけでなく、上記のような断熱性能やエコについても考えてみると良いかもしれません。

Copyright (C)2021学生の賃貸選びガイド〜家賃・間取り・立地〜.All rights reserved.