UR住宅のメリット

安くて質の良い賃貸マンションなどを探している場合に参考になるのがUR賃貸といわれるUR都市機構が紹介している賃貸住宅でしょう。
このUR賃貸などで紹介されていますが、さまざまなメリットがあります。
まずひとつ挙げられるのが礼金がいらないという点でしょう。
敷金として家賃の3ヶ月分などが必要になるものの、礼金がありませんので初期費用をおさえることができます。
そもそも礼金というのは大家さんにそのまま渡すお金ですので、敷金とちがって返ってくるあてのない金額です。
それでこの礼金分のお金でインテリアを購入したり、家電製品を追加できるというのもメリットとして挙げることができるでしょう。
さらに注目できるのが仲介手数料に関してです。
UR都市機構は公的な機関ですので民間の不動産のように仲介手数料などを請求されるということもありません。
このような魅力に溢れているUR賃貸ということで、長期にわたって住むという方も少なくありません。
実は長期に住む点でもこのUR賃貸住宅にはメリットがあります。
そのメリットになっているのが契約の更新や更新料がないという点でしょう。
一般の賃貸住宅などでは2年間くらいが契約期間になっており、それ以上になると契約更新で更新料などが発生してしまいます。
さらに場合によって助かるのが保証人不要という点でしょう。
UR住宅の場合、本人確認資料さえあれば保証人は必要なくなっています。
保証人を頼める家族などがいれば良いですが、場合によっては保証人を他の人にたのみづらいという方も少なくありませんので、そのような際には助かるのがこのUR賃貸住宅だといえるでしょう。
さらにこのUR賃貸住宅はインターネットをつかって検索をしたり申込などができるようになっていますので、ふだん忙しい方などでも利用できるようになっています。
UR住宅のなかには公園のそばであったり、学校のそばというような物件もたくさんありますので、小さなお子さんがいるような家庭であったり、新婚の夫婦などでも利用することができます。
もしやすくて安心できるという賃貸住宅を探しているのであれば、上記のような魅力がたくさんあるというUR賃貸住宅を探してみるのは良いアイデアかもしれません。
しかし新築以外の場合には無抽選や先着順になっているので、気に入った物件があってもタイミングによってはすぐに物件がうまってしまうこともあるので注意が必要です。

Copyright (C)2021学生の賃貸選びガイド〜家賃・間取り・立地〜.All rights reserved.